沖縄旅行、費用や服装・笑えるネタも公開☆経験をそのまま文章に、リアルにまとめました。

マラソンで走りやすいオススメの仮装と注意点は?通販で購入できるいま人気のキャラクターの衣装・コスプレを厳選

前回の記事、マラソンで仮装・コスプレがアツイ理由を語る!~自分もみんなで楽しめる仮装ランナーになりたい~では、いま流行りの仮装ランの魅力についてせまりました。

自分のためにも大会を盛り上げるためにも、仮装ランにチャレンジしてみると、人生が少し変わるような気がします。

 

そんなコスプレランに、ちょっとでも興味がわいたあなた!コスプレして記録は捨てても、完走はあきらめないというあなた!

今回の記事では、比較的走りやすそうで、通販でも買えそうなキャラクターの衣装をまとめましたので、参考にしてみてください。

 

ちなみに、ミニオンやマリオなど仮装しつくされた代表的な人気キャラは、既にいろいろ紹介されているので、あえてここでは載せていません。

人と被らない、でも確実にファンの心をとらえそうなものを厳選しました。少しこだわりをもって選んだものです。初めて見た人にも興味を持ってもらえそう。

 

条件:走りやすい・他のランナーの邪魔にならない・人気・人と被らない

そんな、記録をあきらめた人(一部の人は記録さえもしっかり残しているが)のため、おすすめの仮装・コスプレを選ぶにあたり、以下の条件をつくりました。

 

●走りやすい

●他のランナーの邪魔にならない

●たくさんの人が知っているキャラクター・作品

●他の人と被らない

 

仮装ランの場合、ただただ好きなキャラクターをやるにはハードルがあるので、少し条件をしぼらないといけません。上の4つの条件は、目標とする「自分もみんなも楽しんで、完走も果たす」ことに必須なんじゃないかと。

特に「走りやすい」では、「給水がしやすい」ってことも含まれます。手がふさがっていたり、仮面をはずすのに手間取ったりすると、うまく給水ができません。給水は命にもかかわるので、これは必須条件かな。

マラソンの給水所のイラスト

あと、他のランナーの邪魔になるようでは、「みんなで楽しむ」ことから遠ざかってしまいます。他のランナーには、記録を狙っている人も多いです。特に道をふさぐような大掛かりな仮装はちょっとご遠慮しときたいし、大会規約にもひっかかりそうです。

でもいちばん気をつけたいのは、グループランをする場合、横一列になったりして他のランナーの道をふさいでしまうことですね。これは、たとえ仮装でみんなを楽しませているといっても、絶対に避けたい行為です。ふつうに参加している人にめっちゃ迷惑です。

グループウォーキングのイラスト

それでは、上の4つの条件を満たしていそうなキャラクターの衣装を紹介していきますね。というか、管理人が実際に仮装して走ったキャラクターや、これからやろうとしているネタです。

 

オススメのコスプレ衣装6選

コスプレランナー初心者でもとっつきやすいよう、自分で衣装を作らなくても通販で購入できるものを集めました。(原作知らないやつあってすみません。でも走りやすそうなものを探してみました)

場合によっては、みんなで衣装をそろえてグループランもできそうです。

注意点としては、もし衣装を購入する場合、すぐに納品されるものもあれば、受注のもので2週間以上かかるものもあるので、大会当日まで余裕をもって購入を決めたいところですね。

あと、長いもの(刀など)や危なっかしいもの(下駄など)は、大会規約にひっかかってくることもあるので、それぞれの大会の規約を確認しておきましょうね。

超話題!「鬼滅の刃」の鬼殺隊は、沿道の小中学生にもウケそう

【鬼滅の刃より】

「鬼滅の刃」は、いまワケ分からんほどの人気ぶりですね。勧められて少し漫画を読みましたが、登場人物にしっかりと人間味があるところが面白いと感じました。みんなそれぞれベクトルは違いますが、全員が全員、気持ちの良いスカッとした性格で、読後も爽やかな気分になれました。

いちばん印象的なのが、主人公が優しいこと。よくある表面的な優しさではなく、ああ、本当に優しい性格ってこういうことなんだ、大人やみんなに好かれる性格ってこういう人なんだ、というのがよく分かる表現です。

そういった意味では、勉強にもなりますね。世の中の子供たちが、こういう主人公に憧れてくれると優しい世界になるんじゃないかと思いました。

ストーリーも分かりやすくて、主人公が仲間の助けも借りつつ自分でちゃんとしっかり考えて、努力して強くなっていくところに好感が持てますね。

 

勧めてきた人からは、本当に大人気やから、仮装をやるなら今やで!と念を押されつつ(笑)

そんな鬼滅の刃からは、「鬼殺隊」と呼ばれる主人公たちが属している隊の制服はどうでしょうか?ちょっと暑そうなので、寒い時期がオススメですね。

大正時代のお話なので、履物は下駄やぞうりですが、走るぶんにはふつうのシューズでも良さそうです。

 

みんなでやりたい「進撃の巨人」の調査兵団がカッコイイ

【進撃の巨人より】

「進撃の巨人」は、話が進むにつれ内容が難しくなってくるので少し大人向けかな?

読み始めたきっかけは、マラソンで仮装をするにあたり何が自分に似合うのか分からなかったので、友人たちに「自分は何のコスプレが似合いそう?」と聞いたところ、「進撃のハンジ(画像左端)とかじゃね?!」との返答がきました。(たぶん、背が高くて髪をアップにしているからだろう)

それでは。ということで読み始めたのがきっかけです。調査兵団がかっこよくて面白かったです。ちなみにハンジは、マッドサイエンティストでちょっとヘンな性格のキャラでした(笑)

緑のマントバージョンもあるので、みんなで揃えてグループランしたら楽しそうです。

 

腰につけているのはブレードの付け替え刃と立体機動装置というのですが、これは邪魔になるようならつけなくてもいいと思います。または、立体機動装置に関してはポーチ型のものが売っているようなので、これをマラソン用のウェストポーチとして実用的に使っても良さそうですね。

もしくは、ふつうのウェストポーチでも立体機動装置っぽいものがあります。このウェストポーチにペットボトルを装着すると、立体機動装置っぽく見えます。色はグレーもあるので、オススメ。

 

実際購入してみた図。もう少し薄めのグレーが理想でしたが、ペットボトルを装着するとそれなりに見えるしマラソンにも実用的。お得なお値段だったし、実際ランニングしてみても使い勝手は問題なかったのでなかなか気に入ってます。

履物は、靴下を重ね履きして根性でブーツで走るか、ふつうのシューズの上にブーツカバーを付けて雰囲気だけ出すのもありだと思います。

 

軽い仮装で、マントまたはジャケットだけというのもとっつきやすそうですね。

 

 

走りやすい「ポケモンGO」の主人公

【ポケモンGOより】

ポケGOの女トレーナーは、管理人が初めて仮装ランで挑戦したキャラクターです。

なぜこれを選んだかというと、ズバリ、マラソンスタイルそのものだからです。しかもポケモンだったらみんな分かってくれるだろうということで。

画像じゃちょっと見にくいですが、背中にはリュックも背負っています。コスプレするなかで、マラソンに必要な道具が全てそろっていますね。

 

 

でもちょっと見た目が寂しかったので、分かりやすいように大き目のピカチュウのぬいぐるみも背負って走りました。

シューズは、ふつうにランニング用でバッチリですね。

 

これも走りやすい!「NARUTO」の忍者コスプレ

【NARUTOより】

ナルトも人気の漫画ですね。

忍者がモチーフのお話だけあって、衣装も動きやすそうなものばかりです。

 

 

みんな知ってる安定の「アナと雪の女王」

【アナと雪の女王より】

ディズニーからは、アナ雪です。

ミッキーやミニーちゃんなどはよく見かけるのですが、意外とアナ雪は見かけないです。スカートが長いのが少し走りにくそうだからでしょうか。

そこは割り切るか、スカートが短いバージョンの衣装も販売されているようなので、気に入ったほうで走れそうです。

 

アナのブーツは、シューズにブーツバーをして走るか、黒い靴に黒い靴下+黒いタイツでも雰囲気出せそうです。エルサは長いスカートの場合、靴は隠れてしまいそうですね。短めのスカートの場合は、服に合わせた水色のシューズだとかわいいかもしれません。

アナの衣装でこだわりたい方は、アナの白い髪の部分(エルサの魔法が直撃したときの)は、パチンとワンタッチで取りつけられる部分用のウィッグがあるので便利です。

 

 

「FGO」はキャラクターの衣装のバリエーションが幅広い

【FGOより】

ゲームはやったことないのですが、よくツイッターなどで見かけるので気になっています。

FGOは、キャラのバリエーションがたくさんあって、この中から走りやすそうなキャラを選択することができそうです。

売っている衣装で、やりやすいキャラクターとしては「主人公」や「沖田総司」とかかな?と思っています。

 

 

結論:仮装ランは楽しい!

仮装ランは、準備をする段階から楽しいですね!当日まで、いつものマラソン大会以上にワクワクします。

もし、この中でやりたいキャラクターがいたら一緒に走りませんか(笑)?!ひとりコスプレは勇気がいるので…(まだまだ小心者)。みんなでグループランをして、そのキャラクターの世界観を作り出すのもめっちゃ楽しそうですしね!

それでは、良き仮装ランライフを~!

 

 

 

 

 

 

 

>ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

沖縄を50回以上訪れた管理人が、旅の経験や失敗から得られたリアルな情報をお届けします。 費用(予算)や季節の服装、島の人との交流など写真いっぱい使って紹介!

CTR IMG