沖縄県は独自の緊急事態宣言を9/6解除(引き続き、県外からの来島は慎重に判断)

試作①【めっちゃ簡単】立体機動装置|作製5時間、2,000円以内で雰囲気は出せる!~作るべき立体機動装置とは編~(仮装ランナー|進撃の巨人)

進撃ファン・仮装ランナーの読み物として。また、コロナ騒動で活動を自粛している方、イベントが再開されるようになった時のための準備をしたい方に、オススメの記事です。
この記事では、まず『マラソン大会用の立体機動装置とは何か』から考察していくので、手っ取り早く実際の寸法や作成手順を知りたい方は↓↓~作り方編~を参照。

■現在公開可能な情報■

・これは管理人が試行錯誤して立体機動装置を作っている様子のレポートです。
・「進撃の巨人」をパロっています。

・コスプレに関してはド素人の、ただの仮装ランナーが作っています。
・試作段階なので、結果、完璧な立体機動装置は作れていません。
・フルマラソン対応用の立体機動装置です。
・これを参考にすればちゃんとした立体機動装置が作れる、という保証はありません。
・滾(たぎ)ると文章が崩壊してしまうことがあります。
以上を許せる方、成功したり失敗したりしながらの立体機動装置の作製現場を生温かい目で見守ってくださる方のみ読み進めてくださいね~。

その日 管理人は思いついた

立体機動の 作製を…

自宅の中で自粛している 屈辱を…

 

黄昏を ランナーは駆ける ゼッケンを背負い

その軌跡が ヒマつぶしへの道となる

【進撃の巨人より】

捧げよ! 捧げよ! 時間を捧げよ!

全ての努力は 次走る瞬間(とき)のために

捧げよ! 捧げよ! 休日を捧げよ!

仮装すべき衣装を その手で作り出せ…

 

悔いなき選択を!

これは…進撃ファンのひとり・管理人の…戦果だ。

新型コロナのせいで家から出られへん!せなあかんこと(仕事・勉強etc.)はあるけど、めっちゃヒマやで(矛盾)!
ってことで、この持て余した時間を有効活用するという、悔いなき選択をすることにした。
それは、立体機動装置一式の作製。
今でこそ人類は新型コロナに蹂躙(じゅうりん)されているが、コロナを駆逐した暁には、喜びとともに再びいろいろなイベントが開催されるだろう。
管理人のバトルフィールドであるマラソン大会も、早く再開される日がくることを願う。
再びスタートラインに立つその瞬間(とき)のために、仮装ランナーは(仮装ランナーでなくても)
心臓をささげよ!!
もとい、立体機動装置を作製せよ!!
ここには、その戦果(作製工程)を記録しておく。

あくまでもまだ試作段階で完璧なものとはいえないですが、意外にそれっぽいものは作れるんやなー、というレポートです。

読み物として見てやってください。

それでは、がんばって作ってる過程を一緒に見ていきましょう!!失敗している場面は笑ってやってください!!

そしてみんな、仮装ランをしましょう!!(←コレな。)

遠目から見ると、試作段階の立体機動装置でもそれなりに見えてくる。…そんなに悪くないとは思うがどうでしょうか。(撮影のため刃を持っているが、ランナーなので本番は持って走らない)
【進撃の巨人より】

作製するうえで注意したこと

この立体機動装置は、作製するうえで「フルマラソンを完走できること」を前提としている。

つまり、作るときに最も大切にしたいのは、大会の規制にひっかからないこと・周囲への迷惑にならないこと・軽くて動きやすく丈夫な造りであることである。

 

大会の規制に注意

まずは、マラソン大会における仮装の規制に注意したい。そもそも「仮装禁止」となっている大会もあるので注意が必要だ。

当日、せっかく仮装したのに没収・出場停止となっては、悔いなき選択をしたのに悔いが残るという、目をつむりたくなるような惨状が待っているだろう。

だがしかし、駄菓子菓子。仮装については、あまり明確に文章化された規制はないみたいだ。けど、そのなかでも『神戸マラソン』の要項には仮装について多少詳しく書かれていたので、これを参考とする。

【神戸マラソン2019公式サイトより】

 

立体機動装置の装着は、自身の安全や宣伝の項目には当たらないであろうが、周囲への危害には気をつけたい。

あまり長すぎたりとがっている部分があっては、他のランナーの迷惑になるだろう。

そのため、立体機動装置(ブレードが入っている鞘の部分)は、原作よりも多少短めの造りにしようと思う。

【進撃の巨人より】

なお、『おきなわマラソン(那覇マラソンではない)』はコース上に米軍基地内を走る部分があるのだが、基地内を走るに際しては以下のような規制がある。

おきなわマラソン(他にもあるかもしれないが)に限っては、憲兵団に注意されるようなので、立体機動装置一式の装着はあきらめないといけない可能性がある。

フルマラソンに耐えられる造り

42.195kmのフルマラソンに、「人も」「装置も」耐えられる造りが必要となる。

具体的には、

 

◦身につけても動きやすい

◦軽さ重視

◦多少の水(走行中の雨、給水)にも耐久性がある

◦ランナー同士が多少ぶつかっても壊れない

◦着脱が簡単(トイレ休憩などでも対応可)

 

こんな感じの仕様になっていれば、制限時間内に形を残したまま完走できるはずだ。

 

リーズナブルなお値段

フルマラソンを耐え抜いた工作は、一度使ったら二度使えるかは分からない。当日雨天になるかも分からない。

 

ずっとそうだ… 自分の走力を信じても… 頑丈に造った工作や天気予報を信じても…

…結果は誰にも分からなかった… 

 

というわけで、使い捨てになったとしても悔いの残らない、リーズナブルなお値段で作製できれば、これに越したことはない。

 

あまり細かい部分は気にしない

基本・原則・あくまでも我々はランナーなので、フルマラソン完走が目的。

沿道も自分も楽しませるつもりで仮装ランをするのだが(マラソンで仮装・コスプレがアツイ理由を語る!を参照)、沿道からは仮装の細かい部分までは気にされないだろう。

なんせ、目の前をとおり過ぎるのは一瞬だからだ。

というわけで、立体機動装置の「それっぽさ」が出ていればヨシとし、細かい部分にこだわるなら、軽さや動きやすさ、ぶつかっても壊れない丈夫さ、他人への配慮のほうを重視することにした。

 

 

目指すべき立体機動装置

立体機動装置ってどこの部分?

そもそも、「立体機動装置」ってなんなんだろうか。

どこからどこまでの部品を指すんだろう。改めて考えてみると、あまり意識してこなかった気がする。

なんとなく腰につけているゴチャッとしたもの全部をそう呼んでいたが、違った。ので、調べてみた結果が、以下のとおり。

「立体機動装置」は、腰の後ろにある樽のようなものだ。ランナーでいえば、ウェストポーチを付ける位置にあたる。

【進撃の巨人より】

しかし進撃の巨人の武器といえば、特徴的なのが腰の両サイドにぶら下がっているブレードを収める鞘(正式名称が分からない)だろう。立体機動装置本体よりも、鞘のほうのイメージが強い。

むしろ調べてみて初めて分かったようなもんで、立体機動装置ってそんな樽のようなもんだったっけ?という感じ。

イメージが強いのが鞘、名前が有名なのが立体機動装置。それで、両者がてれこになってしまうような思い違いが発生してしまうのだろう。

というわけで、両サイドの鞘を装着してこそ進撃らしさがでると思われるので、鞘とガスボンベ、立体機動装置本体をまとめて「立体機動装置一式」と呼び、この一式を調達することにする。

立体機動装置本体はマラソンのウェストポーチを少し改良すればそれっぽくなりそうだ。(参考:オススメの仮装

 

 

ちなみにブレードは「長さ・他人への安全面」で走行上アウトな気がするので、今回は作らない。

 

 

原作とアニメで違う

ややこしいことに、原作とアニメで立体機動装置本体や鞘のデザインが異なる。しかも、物語が進むにつれて形や装着の仕方も変わってきている。

【進撃の巨人より】

アニメの立体機動装置は、鼓(つづみ)にも似た形をしている。「イヨーッ!ポンッ!」ってやつ。

【Wikipediaより】

いったい、どれを作ればええんや?!

立体機動装置の本体部分

樽形の原作型か、イヨーッ!ポンッのアニメ型、どちらを採用するか。

ランナーなら、原作一択でしょう。

既にご紹介しているとおり、樽型の立体機動装置に似たグレーのウェストポーチが売っているので、これをそのまま立体機動装置本体と見立てることにした。

 

ペットボトルを装着すると、それっぽくなる。ウェストポーチはランナー必須アイテムなので、一石二鳥の悔いのない選択だった。

 

鞘の部分

鞘の部分は、原作のほうがシンプルで作りやすそうだ。

だがしかし、駄菓子菓子。頑丈な造りという意味で、ガスボンベと鞘本体をしっかり固定したいので、固定部分が2か所(3か所にも見えるが、先頭部分はガスボンベに固定されてない)あるアニメ版を採用したいと思う。ちなみに原作は1か所しかない。

 

次回から、作成に入ります

今回はまず、ランナーにとって理想の立体機動装置とは?という点を追及してみた。

これで作るべき立体機動装置の全体像が把握できた。

そして次の章からは、いよいよ実際に造ってみる。「作成段階」へと移行する!

【進撃の巨人より】

 

(試作②)~製作工程のエピソード編~ へ続く

>ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

沖縄を50回以上訪れた管理人が、旅の経験や失敗から得られたリアルな情報をお届けします。 費用(予算)や季節の服装、島の人との交流など写真いっぱい使って紹介!

CTR IMG