道後温泉|ふなやに宿泊したときの諸々。四国愛媛の老舗旅館|旅行記ブログ 口コミ

道後温泉に、初めて行ってきました。

ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルになった温泉として有名だし、旅行好きの知人が「今まで行った温泉街でイチバン良かった」と言っていたので、いちどは訪れてみたいと思っていたからです。

今回は、その道後温泉に実際に自分で足を運び、格式高いと言われる老舗旅館「ふなや」に一泊してみた様子をレポートします!

道後温泉は松山の街中にあって、便利でオシャレな温泉街だったよ!

予約の内容と決め手

予約の内容

いちばん人気の、スタンダードな和室プランで予約しました。以下の画像は実際に泊まったお部屋で、5階でした。

◦2食付和室(8畳~12畳【ご利用人数や宿泊条件にあったお部屋】)

一番人気プランです!! 旬の瀬戸内の地物をふんだんに使った会席をご堪能下さい!!
人気プラン旬の瀬戸内会席を落ち着いた和室でゆっくり楽しむプランが5%OFF!

■人気プラン■
創業390余年を誇る道後一の歴史を持つ旅館で、夏目漱石や正岡子規など、数々の文人達や、皇室の方々にもご利用頂いた伝統と格式を誇る宿。そんな老舗旅館でも一番人気のプランです。地産地消を心掛けた、旬の瀬戸内の海の幸、山の幸などの食材を、和食料理長が仕上げるふなや風瀬戸内会席を、和室でゆっくりとご堪能下さい。

Yahoo!トラベルより引用】

予約時の決め手

道後温泉「ふなや」を予約した際に、決め手となった点は以下のとおりです。

じゃらんYahoo!トラベル楽天トラベルすべてで評価★が満点に近かった
◦格式が高い老舗旅館として有名
◦天皇陛下がご宿泊され、文豪たちも多々利用している
◦時期・曜日の関係や、割引を使って、普段よりお得に泊まれそう
◦基本、部屋食

◦本州から電車だけでもアクセス可能

愛媛は初めてだったので、今回はけっこう評価や口コミを参考にしました。

コロナが落ち着いて久しぶりの旅行だから、絶対に外したくなかったんだよね!

例えばじゃらんで検索すると、ふなやの総合総合評価は4.8★。満点が5なので、相当すごい!

じゃらんより|2021年11月15日時点】

さすが江戸時代から続く格式あると言われる老舗旅館、実際に泊まってもそのとおりだと感じました。

あと、道後温泉全体にいえますが、わざわざレンタカーを借りなくても、電車だけでアクセスできる点も決め手でしたね。

 

場所・アクセスは?

遠方からのアクセス:まずは「松山」へ

道後温泉は四国・愛媛県松山市にあるので、本州からだと海を渡らないと行けません。

本州から松山への行き方は、主に3つあります。

①広島県からしまなみ海道(橋)を通って四国・愛媛県に入るルート(車・または自転車でしまなみ海道を渡る)

②岡山県から四国に入り、香川県を抜け、愛媛県に入るルート(特急電車・または車で)

③各地の空港から、松山空港へ

最寄駅は、路面電車の「道後温泉駅」

松山市に入ったら、「道後温泉駅」を目指しましょう。

松山市内は路面電車である「伊予鉄道」が走っており、「道後温泉駅」は、その終点にあります。

道後温泉駅から「ふなや」までは、徒歩約3分です。

〒790-0842
愛媛県松山市道後湯之町1-33
TEL: 089-947-0278

 

ちなみに実際、我々がたどったルートは

今回の旅は、道後温泉も楽しみのひとつでしたが、「しまなみ海道をサイクリングで横断する」という最大の目標がありまして。

なので、広島県の尾道から自転車で2日間かけ(素人なので途中の島で一泊)四国に入って今治まで行き、今治から松山まで特急電車で行くというルートを取りました。

帰りは、松山~岡山まで「特急しおかぜ」で戻りました。

 

それでは、「ふなや」チェックインの感じ

それは秋も深まる10月の終わり。雲ひとつなく、気持ちのいい秋晴れの日だった。

我々は「しまなみ海道」を2日間かけてチャリで渡り切り、終着点の今治駅に着いたころには16時過ぎ、既に日が傾き始めていた。

「今治」から目的地「道後温泉」までは、特急と路面電車を乗り継いで、1時間ちょっと。

割とフラフラに疲れた我々が道後温泉の「ふなや」に到着したころには、18時をまわっていた。

「ふなや」は、坂道のちょっとした高台に位置する。

温かい灯火が、疲れた我々を迎えてくれる。

長旅のせいもあるが、このホッとする感じ。いいね。

時代に合わせてリニューアルもされているけれど、江戸時代から続くこの宿。どんな風に旅人を迎えてくれるのかと思うと、期待が高まる。

エントランスの感じ。(↓画像は朝に撮影)

↑受付は、画像中央、柱の奥のカウンター。ロビーは大きく、写真には写っていないが、左手には大きなお土産屋さんが広がっている。(この画像は翌日の朝に撮影)

チェックインを済ませると、仲居さんがお部屋まで荷物を運んでくれた。

館内には至る所に絵画や美術品が置かれていて、我々の目を楽しませてくれる。

廊下も旅館らしい温かい雰囲気。(この画像は翌日の朝に撮影)

 

お部屋の感じ(スタンダード和室)

お部屋

スタンダード和室。2人で泊まるには、十二分な広さがある。

江戸時代からの老舗旅館ではあるが、施設はリニューアルされていてピカピカ。そして座布団の厚みがすごいので、ぜひ座ってみて(笑)

お部屋の玄関からは、画像右手の前室を通って、このお部屋(主室)↑に入る。

お部屋の縁側には、化粧室としてひとつの小部屋まで用意されている。

↓前室には、冷蔵庫やポットなどが用意されていた。上着もここに掛けておける。

お部屋のお手洗はこの白い扉、主室から遠めに配置されているのも配慮がある。老舗旅館だが、もちろんウォッシュレットにリニューアルされているので、快適。

踏込(玄関)。土間が広めにとってあるし、石畳がオシャレ。赤い鼻緒の下駄もかわいい。ザ・旅館って感じ。

お部屋からの眺め

5階のお部屋からの眺め。左手の建物は別館で、別館の階下には温泉がある。

↓↓正面の眺め。松山の市街が見渡せる。眼下の緑は、散歩もできる広いお庭。

右手には、松山城も見える。

その他、設備や備品

我々が宿泊したときのお着きのお茶菓子は、愛媛の定番土産である、タルト。

ハタダの「御栗タルト」で、ちょっと柚子が香る上品な味だった。(「御栗タルト」は大きな栗がひと切れまるごと入っている、ふつうの「栗タルト」よりイイやつ)

朝食後に、縁側で松山の景色を眺めながらいただいた。気持ちがいい。

鮒の絵が描かれてある、ふなやオリジナルの浴衣セット。ザ・旅館って感じが、旅行気分を盛り上げてくれる。

ちなみに、フロントロビーには、女性用の色浴衣のレンタルもあった。着たまま温泉街を散策可能とのこと。

洗面所は、広くて使いやすい。

部屋付きのバスルーム。道後の温泉があるので、せっかくなら温泉に入りたいところだが、部屋のお風呂も広くてキレイ。

 

夕食のおもてなしで癒される

なんと、夕食は最終20時スタート可能!

チェックインした時刻は、既に18時を過ぎていたし、夕食は部屋食だったので「すぐにご用意します」とか、遅くても19時開始と言われるかと覚悟していた。

そしたら、なんと夕食は、最終20時~OKだとのこと!!

(※画像の人形は、持参のものです)

これは、しまなみ海道から疲れたままで来た我々には、とてもありがたいことだった!!

夕食まで時間に余裕があれば、先に温泉に入って汗を流せるし、お夕食のあとそのままバタンと寝ることも可能だからだ!!

ゆっくりと温泉に入る時間がある!!

これが例えば19時半開始だとしても、温泉に入るには、少し慌ただしくなってしまう。

本当に、20時開始は助かりました!!

20時から、お部屋食開始

旅館でのお食事の醍醐味、地元のお酒を選ぶところから!!

我々は、旅館オリジナルの日本酒「大吟醸 ふなや」を選んだ。お酒にはあまり強くない我々2名だが、飲みやすいので1本がちょうどいい量だった。

秋の瀬戸内会席の一部。

温かい料理は温かいままに、冷たいものはちょうどよく冷えた状態で持ってきてくださる。

毎回、お食事を出してくれるタイミングも抜群で、遅くもなく、早くもなく、絶妙だった。

さすが、文豪たちも愛した老舗旅館。あ~、文豪になりたい(笑)!!

 

お得に泊まるには、旅行割引まとめをご参考に。

(※記事更新中)

>ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

沖縄を50回以上訪れた管理人が、旅の経験や失敗から得られたリアルな情報をお届けします。 費用(予算)や季節の服装、島の人との交流など写真いっぱい使って紹介!

CTR IMG