沖縄県は独自の緊急事態宣言を9/6解除(引き続き、県外からの来島は慎重に判断)

恩納村 瀬良垣周辺のオススメごはん・カフェ(沖縄本島)|瀬良垣ハイアットに宿泊したときの諸々。旅行記ブログ③~お食事 ホテル周辺編~(HYATT REGENCY 瀬良垣アイランド沖縄)

■前回の記事
②お食事~ホテル内~編
前回:瀬良垣ハイアットは、全体がひとつの島のようになっているから、すべてをホテル内で完結させられる。もちろん、お食事も。前回は、ハイアット内でのディナーと朝食をレポートしたよ!
今回は、瀬良垣ハイアット周辺でオススメのお食事スポットをレポート!全部ホテルから車で5分以内のところ!

ハワイアンパンケーキハウス「パニラニ」

沖縄でナンバーワン人気のパンケーキ店

…と言えば、ここパンケーキハウス「Paanilani(パニラニ)」
しっとりとした食感のパンケーキが超絶美味しいと評判。オーナーは、いたるところのパンケーキを食べつくし、自身で究極のパンケーキを提供すべくお店を立ち上げたのだそう。
お店の目玉「ナッツナッツパンケーキ」は、数量限定での販売。

「パニラニ」の場所

ホテルからは、徒歩でも来られる距離。車だと一瞬。

道路をはさんだ対面には、広めの駐車場もあるので安心。

パンケーキで朝食を

パニラニは朝7時からオープンしているらしい。朝食時のみ予約が可能なようだ。

今回はずっとホテルで朝食をとっていたが、朝のお散歩がてらパンケーキを食べに来るのも良いかもしれない。

 

お店の裏のビーチでくつろげる

お店の裏側には、地元民しか知らない透明度抜群の穴場ビーチがあるそうな。

スタッフに訊ねればと、こっそりお教えてくれるそう。食後のお散歩コースにちょうどいいかも。

…知らんかった!!行ってみたかった!!

入店してみる!

15:40ごろ、「パニラニ」へ到着。

お店の目玉メニュー「ナッツナッツパンケーキ」は、数量限定のため本日は売り切れてしまったようだ。

けど、他にも美味しそうなメニューがたくさんある!

では、おじゃましま~す!…おや、カジュアルアメリカンな雰囲気がとってもファンキー!

このときは運よく比較的空いてて、自分たちの他は3組だけだった。

パンケーキをいただきます!

やべぇ、どのメニューも美味しそうだが、お腹にもキャパがある。ここは悔いなき選択をせねばならないところだ…(눈_눈)。

結局、ベリーの甘酸っぱさにひかれて「ベリーベリーパンケーキ」と紅茶を注文した。

ぐあぁぁうまぁいいい!!!
ニコロさん!!あなたは天才です!!

ひとつだけ注意点です。

注文するとデフォルトでパンケーキ2枚が運ばれてくるが、意外にめちゃくちゃお腹がふくれる。

今日はランチを食べ損ね、ランチと3時のおやつを一緒のつもりで注文したので良かったが、おやつ替わりにちょっとというには多すぎる量かもしれない。2人でシェアするのもひとつの手だと思った。

 

 

沖縄料理「万座テーブル」

ホテル以外で夕食を

3泊すると、さすがにホテル以外で夕食をとりたくなる。

ホテルの対面、歩いていける距離の豚しゃぶ料理屋さん「やんばる」であれば、レンタカーを使わず行けるのでお酒も飲める。

 

しかし、考えることはみんな同じなのだろう、18時半ごろ行ったら激混みで外にまで行列が!早々にあきらめ、レンタカーでうろつきながらお店を探す。

今回の旅行では、「ザ・沖縄料理」って感じのものにまだ出会えていないので、沖縄っぽいものが食べたい!

そこで、検索して見つけたオシャレそうでホテルからも近い沖縄料理屋さん、「万座テーブル」に決定!さっそくレンタカーで向かうことにした。

 

「万座テーブル」の場所

瀬良垣アイランドの目の前の道を車で南に4分ほど下ると、左手に見えてくる。

入り口両脇に炎のオブジェがあるので、夜でも比較的分かりやすい。店のエントランス右手側に駐車場があった。

 

店内の様子とごはん

店の真ん中には「万座テーブル」の語源となっていそうな、ウンベラータを囲む大きなテーブルがある。ここには何組か座れるようになっていてオシャレ。

ウンベラータを挟んでいるので相席感はほとんどなく、お互いストレス感じずにお食事ができる。

店の奥にあったテーブル。そこらじゅうに暖かい灯りがともっていて、店内の雰囲気良かったです。

さっそく沖縄料理を注文!チャンプルーともずくてんぷらは必須!

ジーマミー豆腐や島らっきょの天ぷら、紅芋コロッケなどのラインナップも充実。沖縄料理がひととおりそろっている。

そして、マッシュポテトが乗ったとろとろのラフテーが美味すぎる!!これに卵の黄身をかけていただくシステム!!

ニコロさん!!あなたは天才です!!
ラフテーと卵の黄身。濃厚素材どうしの組み合わせで、期待どおりの味だ!!お店の看板メニューかは分からないが、勝手に看板メニューに認定!!

以上、万座テーブルからお伝えしました。

「沖縄料理が食べたい!」「ザ・沖縄って感じよりこじゃれた雰囲気の店がいい!」ってときは、「万座テーブル」がオススメ!

 

 

こだわりの沖縄料理・しゃぶしゃぶ「アダン 沖縄店」

「アダン 沖縄店」の場所

瀬良垣アイランドの目の前の道を車で南に6分ほど下ると、右手に見えてくる。

ここも、入り口に松明がともっているので分かりやすい。もしや恩納村では松明が流行っているのか?!

…あとで分かったが、アダンと万座テーブルは同じ系列のお店らしい。この系列のお店は、店構えがコジャレているのにお値段はふつうの居酒屋と変わりなく、味も美味しいので悔いなき選択になりそうだ(눈_눈)。

 

ちなみに「アダン」とは、沖縄のビーチなどでよく見かける葉っぱがトゲトゲの木である。パイナップルとよく似た実をつけるので、この木を見た観光客は、パイナップルは木になるものだと勘違いするのに一役かっている。

 

店の雰囲気とごはん

入り口には松明があり、どことなく漂う高級感。けどお値段はリーズナブルなので安心ですよ!

個室が充実しているので、ソーシャルディスタンス的にもOK!

壁には、蚊取り線香のぶたさんが埋め込まれている…。

人気ランキングがあると、メニューが選びやすい!もちろんアグー豚の豚しゃぶ鍋はマストでしょう!

…なぜか写真を撮っていなかった!!ので、豚しゃぶの画像は公式サイトからお借りしてきました。

あだん 沖縄本店より】

ぐあぁぁぁうまいぃぃぃい!!ここのニコロさんも天才すぎる!!

田芋(ターンモ)のフライドポテトも美味。田芋料理は美味しいので必ず注文する。

チャンプルーや海ぶどうなど定番料理も充実しており、ひととおりの沖縄料理が楽しめる。

 

 

さすが西海岸!ホテル周辺のお店も充実しているので、ホテル食以外が食べたくなっても安心です!

(ホテル共有スペース・瀬良垣ビーチ編)へ続く※執筆中

■この記事のシリーズはコチラから
①ホテル概要・部屋・チェックイン編
②お食事~ホテル内~編 
③お食事~ホテル周辺~編 
④ホテル共有スペース・瀬良垣ビーチ編※執筆中
>ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

沖縄を50回以上訪れた管理人が、旅の経験や失敗から得られたリアルな情報をお届けします。 費用(予算)や季節の服装、島の人との交流など写真いっぱい使って紹介!

CTR IMG