沖縄県は独自の緊急事態宣言を9/6解除(引き続き、県外からの来島は慎重に判断)

沖縄 宮古島へ、秋旅③|ホットクロスポイント サンタモニカ ホテル(シギラリゾート内)に泊まったで!クチコミをするよ(ホテルと朝食&夕食の章)【2019年10月】

▼前の記事はコチラ
(旅立ちと来間島の章)
前回:初日は台風の影響こそあったものの、来間島とイムギャーマリンガーデンを楽しんだよ!
今回は、ホテルのクチコミを中心にお伝えします!ちなみに「ホットクロスポイント サンタモニカ」は「(旧)ホテルシーブリーズ オーシャン(カジュアル)」のことやで!

ホテルの概要

ホテルの概要

ホテル「ホットクロスポイント サンタモニカ(当時 シーブリーズカジュアル)」は、シギラリゾートのなかではリーズナブルめの価格だが、手軽にリゾートちっくな雰囲気を味わえるのが特徴だ。

ホテル滞在よりも「アクティビティや観光に時間やお金をかけたい」「でも最低限オシャレな雰囲気を味わいたい」というメンバーにオススメ。

 

 

そのままビーチに下りていけるほどの近さではないが、ホテルからは海が見える。朝食会場からも海が見えるので、オーシャンをビューしながらの優雅な朝食もかなうのだ。

部屋は、オーシャンビューまたはグリーンビューのタイプがある。

 

ホテルの場所

ホテルの位置

ホテル「ホットクロスポイント サンタモニカ」は、シギラリゾート地帯である「上野」に存在する。宮古空港からは、車で20分くらいの場所だ。

 

シギラリゾート内での位置

シギラリゾート地帯はけっこう広い。ホットクロスポイントは、ややドイツ村に近い位置にある。

【シギラセブンマイルズリゾート公式サイトより】

シギラリゾート内は宿泊者用に無料のシャトルバスが行き来しているので、各施設へのアクセスに便利だ。(特に駐車場が満車になりやすい琉球村は、シャトルバスを利用しても行けるので便利)

シギラリゾート内は、レンタカーだと7~10分もあれば端から端への移動が可能だ。無料シャトルバスは、各ホテル停車だったりゆっくりめの定時の運転だったりで、もっと時間がかかるので注意。

 

ホテルにチェックイン!

初日の観光を終えた我々は、イムギャーマリンガーデンからホットクロスポイントサンタモニカ(当時シーブリーズカジュアル)に向かった。

駐車場は広いのだが、割と埋まっている。人気のあるホテルなのだろう。

もう日が暮れかけている。看板が、いかにもシギラリゾートって感じのデザイン。

玄関はこの通路の奥。スーツケースをゴロゴロと引いていく。

着いたで~!

ホテルのチェックインって、わくわくするよね!

これはフロントの横にあるディスプレイ。ちょうどハロウィンの季節だったので。ここには、紅茶パックやコーヒー粉の無料サービスがあった。

無事にチェックイン。そのときのキャンペーンかどうかは分からないが、いろいろなサービス券がもらえた。ロープウェイが無料になる券もあるからすごい。

連泊の場合、チェックイン時に「エコクリーニング」を選択すると、シギラリゾートの施設利用が500円引きになる割引券が人数分もらえた。

特にこの割引券は、カウンターのお姉さんに「ファンキーフラミンゴでも使えますよ!」と推された。

「ファッ?!ファンキーフラミンゴ?!www」

「ファンキーフラミンゴ」というフレーズを聞き、大爆笑する管理人。ツボにはまってしまった。だって、「ファンキー」な「フラミンゴ」やで!!

笑かさんといてー!!

笑いがおさまるまで、しばらくお姉さんを待たせてしまった…。

あ、ちなみに「ファンキーフラミンゴ」とは、名前のとおりファンキーな歌と踊りが楽しめる飲食店併設のライブハウスのような場所だ。こちらもシギラの施設で、手軽にショーやお酒を楽しめるのでオススメ。当該ホテルのほぼ目の前にある。

 

 

部屋のようす

室内のようす

今回お世話になるお部屋がこちら「416」室。忘れないように「良・い・虫」と覚えとこ!

部屋のタイプは「カジュアルツイン」

全体が23㎡なのでそんなに広いわけではないが、ゆっくり寝るには十分だ。しつらえもオシャレっぽい。

部屋に置いてあったかわいいポストカード。記念になるわー。

そして、特徴的なのがバスルーム!

まず、トイレとバスはセパレートなので使いやすい。安心していい。安心できないのはトイレのドアがない・洗面台からシャワー室がビューできる仕様になっていることだ!最近のシティホテルなんかによくある、デザインルーム的な造りだ。

でも、ここをひとつの部屋として入り口にドアがあり鍵がかけられるようになっているので、プライベートは確保できる。全然問題ない。

むしろ、こういう造りは非日常な感じがしてテンションあがる!

普段から人のトイレ状況など気にしない仲なので、この造りはとても楽しめた。もし使用中でどうしても気になるってときは、ロビーとかにあるお手洗を利用すればいいと思う。

特にツレは気にいったようで、何回もシャワーを浴びては楽しんでいた。なんせ、シャワー中にトイレの人と目線が合うからな!(鍵をかけない仲の場合)

ちなみにシャワーの水圧、OK!シャンプーやボディソープなどのアメニティもしっかりとした品質のものでした。

ビューは??

予約時にビューの選択はなかったので、自動的に「グリーンとファンキーフラミンゴビュー」になっていた。オーシャンもチラ見できる位置だった。

丘の上に見える建物は、シギラのスイートアラマンダだろう。

眼下には「ファンキーフラミンゴ」が見える。かなりファンキーだ。

ホテルの外観

ピンクいホテルだ。まず第一印象はそれだろう。

ホテルは左右の2棟がつながっており、真ん中にプールがあるというスタイル。

夜もそれなりに雰囲気がある。

駐車場側から見たところ。手軽にリゾート感が楽しめるので、お値段以上だと思う。

その他ホテルの施設・内観

旅行期間中はハロウィンシーズンだったため、ホテルのあちらこちらがハロウィン仕様になっていた。

朝食会場の一角。

中庭のインフィニティプール。プールは朝食会場とつながっていて、自由に行き来できる。滞在中は、このインフィニティプールの景色をあますところなく味わうことができる。

ハンモック的なオブジェも。

ホテル内の売店。お土産も売っている。

 

 

朝食バイキング

種類はめちゃくちゃ多いわけではないが、日替わりのものもあったし、この価格帯のホテルとしては十分2,3日楽しめる。オシャレなメニューも多いので、コスパは良いと思う。

サラダやパンも豊富なので、いちどでは食べきれない。

朝食会場はインフィニティプールにつながっているので、この景色を十分生かせる使い方だと思う。

ホテルのプールってオシャレっぽいけどなかなか行く機会なくてもったいないことがあるが、ここでは、朝食を食べながらリゾートっぽいプールの景色を楽しめる。

もちろん室内でいただいてもOK。優雅な朝食タイムを満喫しようぜ!

すぐに観光に行きたい気持ちもあるが、ホテルの朝食は2時間くらいかけてゆっくり過ごすと(混雑具合によっては空気読まないといけないと思うが)、めちゃくちゃ満足感が味わえる。朝食ブッフェ大好きなので!

毎日違う場所で朝食をいただいた。

サラのオムレツが出てきたので、チャンスと思いパチリ。ケチャップで「宮古島♥」と書かれており、我々を楽しませてくれる。

このあとすぐにオッチャンが「島」の部分をゴッソリ持っていき、人が集まって来てオムライスは陣地争いが勃発、無法地帯となった。

 

ブッフェの盛り付けは楽しいのう!自然と「誰がいちばんオシャレに盛り付けられるか選手権」が始まる。

座席はいろいろあるので、お気に入りの場所を見つけよう。

以下に各旅行サイトのクーポンページをまとめましたので、ぜひお得に旅をしてくださいね!

 

 

シギラ内で夕食をとるなら

シギラ内のレストランたち

ホテルは夕食が付いていないプランなので、自力で食事にありつかないといけない。

シギラのある上野は、市内から20分ほど離れているので、個別の飲食店は非常に少ない。ホテルの近くでの夕食を希望するなら、自動的にシギラ内のレストランを利用することになるだろう。

●シギラリゾート内のレストラン&カフェ20店舗>>

ただ、個人店のように気軽に利用できるところは少なめで、お値段が張るレストランも多い。

「琉球の風 南風屋台村」で島唄ライブを鑑賞

気軽に入れて島唄ライブも楽しめるのが、「琉球の風 南風屋台村」。ブリーズベイマリーナの対面に位置する。

1泊目の夜は、ここで夕食をとることにした。

最初はレンタカーで乗り込んだが、狭いわけではないものの駐車場がいっぱいだった。店は宿泊者以外にゲストも入れるし、オシャレなお土産屋さんもあるので、満車になりやすいようだ。

駐車場いちどホテルに戻り、シャトルバスで行くことにした。歩いていけないこともないが、15分弱かかるし街灯があまりないので注意。

●宿泊者無料のシャトルバスについてはコチラ>>

 

19:15ごろ到着。奥のほうは席が埋まっていたが、手前は十分空いている。

ただ、席に対して食券売り場が混雑していたので、追加で注文しようという気分にはなれなかった。

 

並んでいるときに自由にメニューが見られるので、手際よく注文できるようしっかり決めておこう。

メニューは豊富なわけではないが、ひととおりの沖縄料理が楽しめる。ポークおむすびがけっこう美味しかった。

島唄ライブ正面の席はBBQ専用のテーブルになっており、屋台利用の客は周りのテーブルで食べながらチラ見する感じ。でも音は十分聞こえてくるので、しばし唄三線に聴き入る。食べながらではなくなるが、ステージ近くまで行っても大丈夫。

島唄ライブの時間帯は決まっているので、絶対に聞きたい場合はチェックしてからの入店が吉。ちなみにライブは毎日開催されており、店舗利用者はライブ無料。

(※R2年6月30日までは休演しているが、ライブはスイートアラマンダ本館で行われている。詳しくは公式サイトから>>

 

併設のお土産屋さん。けっこう広いし、宮古島産のオシャレなアイテムもたくさんあった。

●「琉球の風 南風屋台村」の食べログ情報はコチラ>>

琉球の風 南風屋台村
琉球の風 アイランドマーケット 屋台村
ジャンル:フードコート
アクセス:宮古空港 車20分
住所:〒906-0203 沖縄県宮古島市上野宮国761-1(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 宮古島・伊良部島・多良間島×居酒屋
情報掲載日:2020年5月31日

 

 

めっちゃ気になる!「ファンキーフラミンゴ」に行ってみた!

ホットクロスポイント サンタモニカの対面にある「ファンキーフラミンゴ」。

ライブハウスのような施設だ。チェックインのときにお姉さんにぜひ割引券を使ってくださいと推されたところ。ネオンライトがファンキーだ。

ここならホテルのすぐ目の前なので、お酒を飲んでも大丈夫。

21:20ごろに入店。ライブは3ステージ制で時間が決まっているようだ。

ドリンクメニューがいっぱい。軽食もある。

アメリカンな雰囲気のファンキーなバーカウンター。

少し待って、最終ステージが始まった。唄と踊り、衣装はアメリカンな感じ。

ご年配の方たちは昔のディスコを思い出すらしく、立ち上がってノリノリで踊っていた。みんな楽しんでいる雰囲気が、とてもいい。もちろん座ってじっくり鑑賞するのもOK。

宮古島最初の夜、ファンキーに過ごせて美味しいお酒も飲めて、よかったですよ!

Funky Flamingo
ジャンル:ダイニングバー
住所:〒906-0203 沖縄県宮古島市上野宮国974-2 シギラリゾート内(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 宮古島・伊良部島・多良間島×ダイニングバー
情報掲載日:2020年5月31日

 

 

>ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

沖縄を50回以上訪れた管理人が、旅の経験や失敗から得られたリアルな情報をお届けします。 費用(予算)や季節の服装、島の人との交流など写真いっぱい使って紹介!

CTR IMG