水分補給ログの表示をオフにする方法|Garminアラート|水分補給トラッキング

新しく Garmin を買って、調子よくランニングしていたのもつかの間。

なんか、1時間ごとに水分補給のアラートが出てきてうっとうしいんだが!
日常ではきっちり1時間ごとに、しかもランのアクティブの最中にもバイブとともにアラートが表示される!
ペース確認したいタイミングで出てくるの、マジで勘弁やで!
水分補給をきっちり記録したい人には便利かもしれないけど、気にしていない人には必要ないもののひとつ。
しかも、この水分補給アラートの消し方が直観的に分かりにくい。
それで一年くらい放っておいた(一年もww)んですが、今回、管理人はやっと消去することに成功しました。
やり方自体は、簡単です!
そもそも、Garminの初期設定では、水分補給ログ(トラッキング)への記録が「1時間ごと」になっています。そのために、毎度表示されてしまうんですね。
この記事では、そんな水分補給表示に悩まされている方のために、「水分補給ログに追加しますか?」の表示をオフにする方法をまとめました。
水分補給ログを再表示するときも参考にしてね!

(※ちなみに管理人はGarmin VIVOACTIVE 4Sを使用しています)

①水分補給の画面を表示させる

時計を表示させた状態で、画面を上にスワイプさせます。

何回かスワイプさせて、以下のような水分補給の画面まで移動します。

※そもそも水分補給の画面が出てこない人はコチラから表示させてください。

 

②右下のボタンを長押し

水分補給の画面で、側面の右下のボタンを長押しします。

すると、水分補給の「設定」ができる画面に切り替わります。

 

アルプロン公式ショップ

 

③アラートを「オフ」にする

水分補給の「設定」の画面で、下のほうにスワイプすると「アラート」が出てきます。

デフォルトでは、ここが「頻繁に1時間」に設定されているため、いちいちアラートされてしまうんですね。

そこで、「アラート」をタップしてアラートの設定の画面に切り替えます。

ここを「オフ」にすると、設定完了!

これで二度と水分補給画面に悩まされない!

そもそも「水分補給」の画面がないときは

デフォルトの時計の画面で、側面にある右下のボタンを長押ししてください。

以下のような画面に切り替わります。

この画面を上にスワイプすると、いちばん下に歯車のマークが出てくるので、これをタップします。

以下のような画面が出てくるので、「ウィジェット」をタップします。

「現在、時計の画面でスワイプさせたときに表示されるもの」が出てきます。

「水分補給」の画面が出てこないときは、これに「水分補給」のウィジェットを追加します。

時計の画面から確認すると、「水分補給」のウィジェットが表示されます。

この状態で、からやってみてください。

 

アルギニン×シトルリン マッスルプレス

 

まとめ

Garminは、さすが専門だけあって、ランニングログにはもってこいです。

基本、説明書を読まなくても、直観的に設定ができます。

 

けど、たまにどうしても分からない設定方法があります。

今回、それが「水分補給の画面を消すこと」でした。

 

分からないままずっと放っておいたんですが、大事なレースを控えているので、今回、やっと設定を変更させました!

どうしても分からなかったので、ガーミンジャパンに直接電話して聞いたよ!
やってみると簡単だったので、ぜひ「水分補給ログに追加しますか?」に悩まされている人は、チャレンジしてみてください!
>ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

沖縄を50回以上訪れた管理人が、旅の経験や失敗から得られたリアルな情報をお届けします。 費用(予算)や季節の服装、島の人との交流など写真いっぱい使って紹介!

CTR IMG