沖縄県は独自の緊急事態宣言を9/6解除(引き続き、県外からの来島は慎重に判断)

沖縄 宮古島へ、秋旅④|ヤギとピラミッドのgoat cafe・前浜ビーチ・砂山ビーチ(2日目午前の章)【2019年10月】

▼前の記事はコチラ
(ホテルと朝食&夕食の章)
前回:ホテルのクチコミを中心にお伝えしました。『ホットクロスポイント サンタモニカ』は、気軽にリゾート感が楽しめる小洒落たホテルでしたね!
旅行2日目の今回は、いよいよ本格的に宮古島を観光するよ!
 旅行2日目:10/21

やぎの群れと青空に映えるブロックがかわいい!「goat(やぎ)カフェ」へ

「goat カフェ」との遭遇

2日目の朝。ホテルの朝食ブッフェ(詳しくはコチラ>>)を楽しんだ我々は、さっそく観光に向かうことにした。

今日は台風一過のためか、天気が良い!こんな日は、東洋一美しいといわれる前浜ビーチに行ってみるか!

…ん??待てよ。なんだあれは!!

 

ホテルを出てしばらく走った道沿いに、カラフルなブロックが積んである。沖縄名物、ヤギもいっぱいおる!まわりの「草w」っぽい草は、アロエwだ。

こんなん、ポップすぎるやろ!!
これ以上コミカルでポップなヤギは見たことがない!なんなん、これは?!
お姉さん「まだ工事中ですが、やぎピラミッドやぎカフェです。」

最近の宮古島人気のためにホテルが建設ラッシュで、建設業者はなかなか一般の工事まで手が回らないらしい。

そのためGWごろからこの状態だという。ずっと工事中だが、カフェもやぎ牧場も営業中なので、ぜひ見ていってくださいね、とのこと。

さっそく見るやで!!
やぎ大好きな管理人とツレは、ホイホイとやぎ牧場に吸い込まれていった。

※R2年6月現在、もうすぐ完成するらしい。コロナの影響もあり、7月からリニューアルオープンの予定とのことです。
●詳しくは「goat カフェ」公式サイトをチェック>>
いただいたパンフレットにも詳しい記載があるので、貼っておきますね。

ヤギふれあい牧場を見学

入園料は現在300円となっている。まずは入り口のフミフミ消毒で、園外からの菌を持ち込まないように駆逐しよう。
そしてガシャコン、とエサを購入。

そぉ~れ、お食べなさい。

目を線のようにして一生懸命食べている。かわいい。

子ヤギも来てくれた!かわいい。

ほんとにかわいいな!

近い。必死すぎてブサイクになっているヤツ。かわいい。

等間隔に植えられているアロエとポップなヤギピラミッド、そこでのんびり過ごすヤギたちが映えポイント!

ブロックの中がお気に入りのようだ。くつろいでるように見えるが…

目だけはしっかりこっちを見てるな。

【進撃の巨人より】

めっちゃ集まってきた!エサがあると寄ってくるのはもちろんだが、エサがなくてもこんな状態!いわゆる3密だ!

ヤギとふれあったあとは、ハンドソープと流水でしっかりと手も洗えるのでOK!

しかし、ヤギってなんでこんなにかわいいんやろ!

【よつばと!より】

カフェも楽しむ

今回の旅の目的に「オシャレカフェを楽しむ」という項目があるため、これを実行しようと思う。ヤギカフェでドリンクをテイクアウトして、ビーチでいただくことにした。めっちゃばえる!(写真は前浜ビーチで撮影)

お姉さんに写真を撮ってもらって、またんみゃ~ち!たんでぃが~たんでぃ~!

ゴーアットカフェ

関連ランキング:カフェ | 宮古島市

※R2年6月現在、もうすぐ完成するらしい。コロナの影響もあり、7月からリニューアルオープンの予定とのことです。
●詳しくは「goat カフェ」公式サイトをチェック>>

 

 

与那覇前浜ビーチへ!

次は宮古島観光の目玉、「与那覇前浜(よなはまえはま)ビーチ」へ行く。単に「前浜ビーチ」とも言う。

時刻は10:40。天気は快晴、気温26℃超え。これは前浜ビーチびよりとでも言うべき気象条件!だが風はちょっとアリ!

レンタカーで向かう途中、デカい鳥がフロントガラスに突進してきたり(もう少しで当たりそうだった)、窓を全開にして走っていたらサトウキビ畑のスプリンクラーの水がビュビュン!と入ってきたりするアクシデントがあったが、無事、前浜ビーチに到着。

 

駐車場からは、もう宮古ブルーが見える!

我々が来たときは、観光バスが1台停まっていた。

7年前に来たときはこんなに人がいなかったので、以前に比べたらすごく多い印象。入り口には、中国語で書かれたメニューの自動車販売が停まっていた。

けど、人が多くなっても、前浜ビーチがキレイなことに変わりはない!みんなも楽しんでいる!白い砂浜がまぶしい!

goat cafeのドリンクが宮古ブルーに映える!

ビーチでのんびり過ごすのもいい…。この橋は、来間島につながっている来間大橋やね。

波がさらさらと砂浜を行ったり来たり。

この前浜ビーチの砂浜は、7kmにも渡って続いているそうな。対岸の来間島の竜宮城展望台から見る景色とはまた全然違うブルーが味わえる。宮古島に来たら絶対に行きたい有名なビーチだ。

泳ぐことも可能だが、ビーチなのでほとんどお魚はいない。管理人にとっては撮影ポイントっていう認識。

ここで撮ったら何でも映えそうだ。ぬいと一緒に。

 

 

砂山ビーチへ

砂山ビーチは午前中の観光が吉

次は伊良部島へと思っていたが、その前に「砂山ビーチ」に寄っていくことにした。

というのも、砂山ビーチは午前中の観光がベストだから。なぜなら、午後は写真を撮ろうとすると逆光になってしまい、海のブルーがキレイに写りにくくなってしまうためだ(それでもそれなりに写るが)。

明日は午前中シュノーケルに繰り出すし、やっぱり今のうちに行っておこう。ってことでアスファルトタイヤを切りつけながら、ギャギャーンと砂山ビーチに到着!

大きな砂山を越える

駐車場からビーチに下りるには、ちょっとした砂丘ほどの山を越えないといけない。

そのため靴で行ったほうが良いとか言う人もいるが、管理人はビーチサンダルで全然いいと思う。島ぞうりならなおヨシ!(ただし、細いヒールや高いヒールはさすがにキツイだろう)

砂山を越えるとこんな感じ!両サイドのモンパの木が、良い演出かもしてるね!

青い海を見ていると、思わず駆け出したくなる!!

うほほーーーーい!!イエーーーイ!!

これが、よくガイドブックやテレビで紹介されている砂山ビーチのトンネルやね。R1.10月時点ではトンネルを通過することはできなくなっているようだ。

おまいら、砂山ビーチに来たの初めてやろ。ぬいと一緒にパチリ。とりあえず、海のブルーがきれいすぎる!バスクリンを撒いたかのよう。

↓↓以下の画像は7年前のものだが、このときは午後に訪れたので逆光となっている。ちょうどトンネルを抜ける方面に太陽があるので、海の色がキレイに写りにくいのがお分かりいただけるだろうか。ちなみに、この当時はトンネル侵入防止の柵はありませんでした。

そして時は2019年、現在。まだ台風がかすった影響で、旅行2日目の海も荒れている!

この画像を撮った後、なかなかの大波が押し寄せ、管理人とツレはスカートの半分くらいまで水に浸かってしまった!

若干テンション下がりながら、帰路に着く。

さらに、帰りもこの砂山を登らないといけないのだ!

 

 

>ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

沖縄を50回以上訪れた管理人が、旅の経験や失敗から得られたリアルな情報をお届けします。 費用(予算)や季節の服装、島の人との交流など写真いっぱい使って紹介!

CTR IMG