沖縄旅行、費用や服装・笑えるネタも公開☆経験をそのまま文章に、リアルにまとめました。

【おきなわマラソン2020⑩】続・雨の中のフルマラソン|シューズ&ソックスのコンディションは?(当日・雨天時の靴&靴下の章)

▼前の記事はこちら
(当日・空からの給水の章)
前回:まだ中間地点も過ぎていないのに、突然スコールのような雨が降り出した!雨の中、残りのフルマラソンを走ることになって、つらたん。

さすがランニングシューズ、雨にも強い

フルマラソン中に初めて経験した土砂降り。前振りなく突然降り出した雨に、管理人はランニングポンチョで対応するが、靴までは対応不可。

そこらじゅうにあふれる水たまり。ランニングくらいのペースで走っていると、突然現れる水たまりをよける術はない。案の定、水たまりに足を突っ込んだ管理人は、以下の画像のよつばの長靴みたいになることは避けられないと思った。

【よつばと!より】
ああ~。これがあと27kmも続くのか~ww
しかし、水たまりにはまった瞬間こそ不快な感触を味わったものの、走ること1分程度、水が抜けた感覚で走れている(撥水性)ことに気づく。
靴下も靴も全体的に濡れていることに変わりないが、普段と変わらない感覚で、水がしみ込んで増えた重量もほとんど感じない。
ええ?!すごない?!

ランニング用シューズについて考えてみる

今回使用したシューズはフルマラソン大会用のナイキのシューズだが、特別これといった仕様はないと思う。
何を選んだらいいか分からなかったので、店頭でお姉さんに「初心者ですがフルマラソンの本番で使いたいです。」と伝えただけ。いくつか選んでくれたので、その中からデザインで決めたものだ。
本当に、何の変哲もないランニングシューズで値段がめっちゃ張るわけでもない。初心者用でクッション性が他のものより良い、とだけ聞いた気がする。
ということは、ランニング用のシューズであれば、雨でもすぐに水が抜ける(撥水性)ようにできてるんかな??
普段走っているときには気づかなかったが、雨の中走って初めて気づいた機能だった。
さらに調べてみたところ、「防水シューズ」といった特別なシューズもあるらしい。雨の日のトレーニングは避けていたが、雨でも走りたいときはこういうシューズもあるんやなー。水を通さない防水性で、通気性は確保されているらしい。ちなみに撥水性はいちど水が入ってもすぐに抜ける機能、防水性は水を完全にシャットアウトする機能のことだそうだ。

ランニング用ソックスについて考えてみる

靴下は、今回少しこだわったものを履いていたためか、走っているときは濡れていることがほとんど気にならなかった(さすがに走り終えた後には冷えや多少の不快感はあったが、想像していた「ぐっしょり感」はなかった)。この靴下、ワコールCW-Xの素材は綿・ポリエステル・その他とのことで、綿だけよりは通気性も良いのだろうと思う。
そもそもはスポーツ用品店の店頭で、テーピングを巻いたような効果があるという説明書きを見て買ったのだが、確かに足首や土踏まずのサポート感・フィット感が良かった。
あと、雨で濡れたあとも5本指のおかげでマメや水ぶくれなどは全然なかったので、やっぱり本番は5本指ソックス一択かな。
雨のフルマラソンの経験が今回しかないので比較できているわけではないが、少なくとも「ふつうの靴・ふつうの靴下でビッシャビシャになるとき」の不快感が10だとすると、ランニングシューズ+この靴下の場合で3くらいまでには下がっていた気がする。
ぐっしょり感MAXの図↓↓↓
【よつばと!より】
それくらい、ランニングシューズとランニングソックスの機能性に驚いた。想像していた雨の中のランニングとは違った。(といっても、あわよくばサブ5でのゴールが目標という管理人レベルでの話だが)
初めて走った雨の中のフルマラソン。
テンションは少し下がるが、何事も経験やね。経験しといたら、次に同じ場面がきても「ああ、これはあんな感じやな。」と落ち着いて対処できるはずだ。その点は、仮装を中止して雨の中のランニングに集中することにして良かったと思った。(あと正直言えば、予定してた衣装を着ていたら水を吸って激ヤバつらたんなのが想像できるレベルの雨だった)

雨は続くよどこまでも

11時過ぎ、15km地点を経過してしばらく経ったころ。

なんだかもう記録は狙えないなと察したが、せっかくなのでこの雨という状況や応援・給食、寒緋桜の開花などをめいっぱい楽しむことにした。

沿道に、華やかなピンク色が見えた。この時期いろんな場所で咲いている寒緋桜は、我々ランナーの目を楽しませてくれる。寒緋桜は沖縄の桜で、2月半ばでこの咲きっぷり。ちょっとピンク色が濃いのが特徴。
ひと足早い春の訪れを感じる!
「安慶名闘牛場」の案内看板が見えた。闘牛はうるま市の名物。いつか見てみないと。現在は屋外の「安慶名闘牛場」から世代交代し、新しい建物「石川多目的ドーム」で行われることが多いという。
おひさしぶり!またもや赤レンジャーを発見!那覇マラソンといい、今回のおきなわマラソンといい、割と走力が同等なのかもしれない。

前原高校通過!大声援に圧倒される

11:15ごろ、遠くから「なんやろ?!」と思うほどの大声援が聞こえてきたと思ったら、この沿道いっぱいの応援!!前原高校では、雨の中力いっぱい応援してくれていた!!

見てくださいよ、これ。ただ走ってるだけの一般人にこんな大声援をありがとう(ノД`)・゜・。
フルマラソンの経験こそ浅い管理人だが、今まで見たすべての応援の中でいちばんすごかった。いやぁ、日曜日の雨の中みなさん集まって応援してくれてありがとうね~!!内地から来た甲斐があったよ~!!
大声援の迫力に圧倒されつつも、ランナーはみんなパワーをもらったはず。こんな大声援の喝のなか、絶対に歩くなんてできないわ(笑)

安慶名交差点の関門まで

18km地点目前。給水&スポンジのエイドステーションで、目を疑う光景。え?!雨でめっちゃ濡れた上からさらに水をかぶっていらっしゃる?!
そしてA-PRICE前で18kmをむかえる。時刻は11:20ごろ。気温は19℃にまで下がってきた。
エンダー&関門!!つまり、A&W&関門!!
無事、第二関門を突破!!
雨の中でも、楽しむ気持ちを忘れなければ大丈夫!
▼この記事のシリーズはコチラ
(エントリー・予約の章)※執筆中
(費用・服装・持ち物の章)※執筆中
(前日・受付の章)※執筆中
(前日の夜の章)※執筆中
(当日・朝の章)
(当日・スタート準備の章)
(当日・走り始めの章)
(当日・10km地点 勝連城の章)
(当日・空からの給水の章)
(当日・雨天時の靴&靴下の章)※この記事はコレ
(当日・三角コーンの章)
(当日・中間地点の章)
(当日・嘉手納基地突入の章)
続く
>ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

沖縄を50回以上訪れた管理人が、旅の経験や失敗から得られたリアルな情報をお届けします。 費用(予算)や季節の服装、島の人との交流など写真いっぱい使って紹介!

CTR IMG