沖縄旅行、費用や服装・笑えるネタも公開☆経験をそのまま文章に、リアルにまとめました。

【2019年那覇マラソン⑱】大会後1カ月以内にしたいこと3つ(大会後にすることの章)

 ▼前の記事はこちら
(大会翌日の章)
 
前回:NAHAマラソンの次の日は、火災後一カ月の首里城を見てから内地に帰ってきたよ。

帰ったらやること3つ

さて、NAHAマラソンが終わり、内地に帰ってきてしまった。
残念ながら、また日常が始まる。
 
 
だがしかし。駄菓子菓子!
まだNAHAマラソンの余韻があり、やることも3つほどある。それは、
 
落とし物・拾い物リストを確認(~12月下旬まで)

ペース記録を確認(記録証もついでにダウンロード)

●沖縄タイムスの写真掲載を確認⇒良いのあったら購入(一年以内)
 
自然とこれらの行為に及ぶかもしれないが、忘備録としてここに記録しておく。
特に「忘れ物・落とし物」があった場合、リストのHP掲載期間は1カ月もないので気をつけよう。
 
では、それぞれどんな行為なのかを掘り下げていく。
 

① 落し物・拾い物リスト

2019年のNAHAマラソンは12月1日に開催され、忘れ物拾い物リストは12月10日くらいから約1カ月間掲載されていた。
リストは、NAHAマラソン公式サイトのトップページから分かりやすくリンクできるようになっていた。内容は、タオルやリストバンドなど、スポーツ用品が多かったように思う。
その後1カ月たたないうちにリンク自体が消えてしまうとともに、忘れ物・拾い物は運営で処分されるようだ。
しかし、スマホなど重要と思われる落し物は、期間外でも保管しているようなので、心当たりがある場合は運営に連絡を取ってみるといいだろう。
ちなみに以下の画像は、ナンバーカードとともに郵送されてくる参加案内を一部抜粋したもの。落し物・拾い物についてはここにも記載があったので、ご参考に。
 

② ペース記録を確認しよう

大会後は、公式サイトのトップページから個人の詳細な記録がダウンロードできる。

自分がどんなペースで走ったか記録されているので、記念になるし今後の練習にも活かせそうだ。
以下の方法でダウンロードできる。

トップページのリンクから入る

詳細な記録は、トップページの左のほうに「記録配信」があるので、ここをクリック。

ゼッケン番号または氏名を入力して検索

ゼッケンナンバー、または氏名でも検索ができる。

「詳細」を選択

右のほうにある「詳細」を選択する。

詳細記録が表示される

詳細記録の印刷画面はでてこないようなので、プリントスクリーン(FNPRTSC)してワードなどに貼り付けて保存しておくといいかもしれない。

完走証もついでに

完走証は走破後すぐに実物を手に入れられるが、デジタル記録としてもダウンロードしておくといいだろう。
前の画面で、「完走証」を選択すると表示される。
ここから印刷して、何百枚でも作り出すことが可能だ。
…しまった、えらいことに気づいてしまった。
ここからいちおう他人の完走証も何百枚でも印刷できてしまうではないか!マラソン大会あるある、個人情報は大会に帰属するものとする!
我々はそれで特に困ることはないが、ちょっとしたことができてしまうではないか!
 
活用するのは、やっぱり自分が完走した本物だけにしとこうね!
 

③ 沖縄タイムス「写真パラダイス」を確認

画像の閲覧は無料、写真は1枚1,650円~から即時ダウンロード、またはプリントアウトしたものを自宅に郵送してもらえる。

ちなみに他の大きな大会でよくあるセット価格やDVDでの販売はないようだ。

販売期間は大会当日~翌年の12/31までで、約1年間の猶予がある。

 

写真の無料閲覧と購入

写真は、トップページの下のほうなどにリンクするページがあるので、ここをクリック。

 

購入できる写真の種類と決済方法

 

写真の閲覧

以下のような画面で無料閲覧ができる。写真は大量にあるので、キーワードやゼッケン番号で検索する。欲しいものはカートに追加しておこう。

 

プリントまたはダウンロードの料金

ダウンロード購入したあとの注意事項

管理人はダウンロード版を購入したが、ダウンロード可能な期間は購入翌日から30日間なので注意しよう!

 

その他、大会後のお得情報など

完走証を見せると割引になったり、国際通りでアフターパーティーを楽しめる店もあるので、大会後も那覇でもう1泊すると満喫できそうだ。
詳しくは、【大会当日・国際通りの夜】を参照。
 
あと、大会の余韻もなくなってきた一週間後ころ、沖縄タイムスからNAHAマラソン特集の新聞が届いた。
大会前日の受付で沖縄タイムスを発注していたからだ。
大会の新聞は50ページ以上でボリュームも画像もいっぱい、ふつうに沖縄のニュースも載っている。
日常に戻ったころに沖縄の空気を感じられたので、申し込むのもありだと思った。
 
 
大会後の事後処理は、こんなところかな!
これにて、2019年NAHAマラソンの記事は終了!
NAHAマラソンに関わったすべてのみなさま、おつかれさまでしたm(_ _)m
 
>ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

沖縄を50回以上訪れた管理人が、旅の経験や失敗から得られたリアルな情報をお届けします。 費用(予算)や季節の服装、島の人との交流など写真いっぱい使って紹介!

CTR IMG