沖縄県は独自の緊急事態宣言を9/6解除(引き続き、県外からの来島は慎重に判断)

【2019年那覇マラソン④】今年のTシャツデザインは?ゆいレールで受付の奥武山公園を目指す~旅ランブログ~(大会前日・那覇入りの章)

 ▼前の記事はこちら
(準備の章)
 

11月30日、NAHAマラソン前日。

土曜なのに、午前中は仕事だ。まじだるい。

しかし、いつもなら、

眠そうに働く会社員のイラスト(女性)

 

こんな感じなのだが、今日はこれから那覇入りだと思うと、

やる気に燃える人のイラスト(女性)

こんな感じだ。バリバリと仕事をさばいていく。

職場の人にも、今日の管理人は動きが良い、と褒められる。(いつも動きはいいはずなんだが!)

 
やっぱり、定期的に旅行やビッグイベントを盛り込んでおくべきやね。
そして、NAHAマラソン完走がんばれと言って送り出され、管理人は機上の人となった。

 

 

NAHAマラソンのTシャツデザインを知る

他のマラソン大会では、たいてい事前にTシャツのデザインがHP上などで発表される。

 
今回のNAHAマラソンのTシャツは、どんなデザインなんやろ~!
と楽しみにしていたが、第35回大会のデザインは、いくら検索しても全く出てこなかった。
 
おかしいな~。
そして受付日の今日、那覇へ向かう途中、ツイッターで流れてきた情報で初めて知った。既に受付を済ませた他の参加者からの情報だ。
 
おお!白か!今までにないデザイン!体育会系やね~|

その後公式サイト上などでも、デザインの公表はされてなかったと思う。

NAHAマラソンは、当日までお楽しみの、そういう趣向なんかもな。

 

 

飛行機が10分くらい遅れ、那覇へ到着

機内は、なんだかみんなNAHAマラソンに出る人に見えてくる。それっぽいシューズを履いている人や、それっぽいランニングウォッチをしている人に「あなたもですか」と話しかけたくなる(迷惑)。

隣の人が、まだひと口も飲んでいないのに派手にスープをこぼしていた。

お昼すぎに出発の便だったので、那覇に着くころ、機内からは美しい夕日が見えた。

あ、明日の天気をチェックしとこ。暑さがおさまってるとええんやけどな…。


【yahoo!天気・災害】より引用

 

やばい、12月というのに24℃とは何事や!フルマラソン、そんな気温で走ったことないし、どんだけ暑いんやろ…。明日の暑さが不安。

もうすぐ着陸だ。本島南部が見えてくる。たぶん、明日はあのへんを走るんやろな。

那覇上空では、鳥さんの影響で少し遅れるとの情報が入った。到着便の混雑で那覇上空で待たされることは何回かあったが、鳥待ちは初めてだ。

17:20到着の予定だったが、10分ちょっと遅れて無事、那覇へ到着。降りるときに、機内アナウンスが流れた。

笑顔のキャビンアテンダントのイラスト

「本日は、NAHAマラソンご参加のお客様に大変多くご利用いただいております。みなさまのご完走、お祈りしております」

的な内容だった。単純な管理人は、

 
嬉しい!!今から受付行ってくるで!!がんばるで!!
となり、テンションが上がったので、ツイートする。
いつものデンファレが迎えてくれた。那覇は夕暮れ。

 

 

ゆいレールで、まずはホテルに荷物を置きに行く

那覇空港。まずは、預けた荷物を取りに行く。

17:50。荷物を受け取り「戻れません」の外へ出ると、「めんそ~れおきなわ」の看板。ここは1階、ゆいレールに乗るには2階に行かんとね。

2階の外へ出ると、こんな感じ。少し風が強いが、やはり那覇は暖かい。本土から出発したときは11℃だったが、こっちは22℃。外全体に、暖房がかかっているような感覚を味わう。

NAHAマラソンのためだろう、駅員さんが2人がかりで1日・2日乗車券の即売会をやっていた。ここで買っておくと、乗車券を買うのに並ばなくてすむ。

1日・2日乗車券は、券売機で買った瞬間からきっちり24時間・48時間乗れるので便利。今回、即売所では数分長めに出してもらえていた。

1日券は800円なので、近場でも1日に3回くらい乗れば元が取れるお得なシステム。2日目の予定は決めていないので、とりあえず1日券を買った。ちなみに2日券は1,400円。

ホテルの最寄りは「赤嶺駅」。那覇空港からはひと駅、4分ほどで到着。

ホテルは駅の目の前で、めっちゃ便利。駅の写真、左手奥に見える建物が、今回宿泊する「ホテル グランビュー沖縄」だ。

 

「ホテル グランビュー沖縄」にチェックイン

ホテル グランビュー沖縄」は、今回予約したツアーについているホテル。

予約時には、いくつかのホテルから選べたのだが、会場の「奥武山公園」に近い・空港からも近い・駅も近いという三拍子そろっていたので、即決した。

本当に、ゆいレール「赤嶺駅」直結といってもいいほどの近さだった。駅の階段を下りたらすぐだった。

チェックインし、部屋へ向かう。

今回は、ダブルの部屋。

必要なものが、過不足なくそろっている。
大きなスーツケースを広げても大丈夫な広さはある。
ちょっとしたことだが、ベッドの枕元の上にモノが置けるスペースがあるのが嬉しい。
バスルームはこんな感じ。
シャンプー、トリートメントは「TSUBAKI」でグッド!!洗顔フォームとして使えるハンドソープも完備。
ちなみに水圧はふつう。
ロビーはこんな感じ。レストラン内には、セルフサービスで無料のウェルカムドリンク(17:00~22:30)もある。
通常6:00~なのだが、NAHAマラソン当日は、朝食会場が5:30~オープン。意外に当日の朝って早くから動くので、これは嬉しい。早めに炭水化物を入れておいたほうが、走り出すころにはちょうどいい感じに消化できてるだろうし。
 
 
 

受付会場のある「奥武山公園」へ向かう

さて、18:15になってしまった。

受付は20:00までなので余裕ではあるが、会場はきっと即売会とかやっているはずだ。何か買いたいし、もう受付に出発しなくては。

てだこ方面行きのゆいレール。NAHAマラソン受付に行くっぽい人がたくさん。けっこう混んでいた。そして、ここの人ら、みんな受付に行く人に見えてくる現象。

ホテルのある「赤嶺駅」から「奥武山公園駅」までは、ふた駅。約3分で着いた。めっちゃ近いやん。

 

奥武山公園で下りると、「那覇マラソン開催に伴い増便」のお知らせが。明日の朝の混雑を心配してたけど、ちょっと安心したわ。ちなみに受付日の今日も、増便されてるんやん。

 

 
ゆいレールで3分、奥武山公園に着いたよ!

奥武山公園内を歩いて、受付会場の「武道館」へ

受付会場は、奥武山公園にある「武道館アリーナ棟」で、前日10:00~20:00に行われている。13:30には、開会式も行われる。

奥武山公園には、「奥武山公園駅」「壺川駅」の2つの駅が面している。武道館へは、どちらも同じくらいの距離なので、どちらで下りても問題ない。

18:20すぎ。これは「奥武山公園駅」を下りたところ。ゆいレールは混んでいたが、やっぱり「奥武山公園駅」では、受付に行く人がいっぱい下りた。ここから武道館を目指す。

 
よし!道は分からんが、みんなが行くほうについてけばええやろ!
駅の階段を下りた正面に向かって歩き出す。前の人たちについていく。

奥武山公園は初めて。夜なので、何がなんだか分からない。とりあえず、みんなが進む方向へ行く。

おお!横断幕が!NAHAマラソンっぽい!

「ナンバーカード受付場所」の矢印がある。武道館は近いようだ。やっぱり、前の人についていって正解だった。

 
アドバイスが「前の人についていけ」しかなくてすまん!けど、ほんまそれなのだ!

このセルラースタジアムの対面に、武道館がある。やっぱり、何か即売会的なことをやっている店が見える。楽しみだ。

武道館に到着した。駅からは、ゆっくり歩いて7分ほどだった。那覇空港から直接来たのだろうか、スーツケースの人も多い。人がいっぱい集まってるとテンション上がるな!

 

 
次は、いよいよ受付やで!
 
>ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

沖縄を50回以上訪れた管理人が、旅の経験や失敗から得られたリアルな情報をお届けします。 費用(予算)や季節の服装、島の人との交流など写真いっぱい使って紹介!

CTR IMG