沖縄旅行、費用や服装・笑えるネタも公開☆経験をそのまま文章に、リアルにまとめました。

【2019年那覇マラソン⑧】ブロックへの整列は時間厳守!遅れたら最後尾の刑!~旅ランブログ~(大会当日・スタート整列の章)

 ▼前の記事はこちら
(大会当日・朝の章)
「無」の境地に達しながら、無事に奥武山公園に到着しました。いよいよスタート位置に整列します!

奥武山公園到着、からの。

8時すぎ。空いていれば、念のため直前に、もう一度お手洗いに行っておきたい。

ここが、整列時間を重視するかお手洗いの行列に並ぶか、究極の選択!

奥武山公園駅の化粧室は、行列がはみ出しているのが見えたのでスルー。

すると、階段を下りてすぐにキレイなお手洗いがあった。(昨日は夜だったので気づかなかった)

意外にも、ここは7、8人しか並んでなかったのでチャンスと思い、利用させてもらうことにする。(写真はゴール後に撮影したもの)

トイレの前の行列のイラスト

並んでいると、前のお姉さんに「ピカチュウかわいいねぇ~」と言われ、ピカチュウをぽんぽんしてもらえた。

嬉しい。仮装に対して、初めてリアクションもらえた!
並び始めてから、10分くらいで出てこられた。もう8:10。スタート位置に向かわなくては。

 

 

手荷物置場・更衣室・仮設トイレの位置

今回はホテルが近かったので、手荷物は持ってこなかった。仮設トイレも利用しなかったが、場所と雰囲気を確認しておこう。

 

自分はHブロック。奥武山公園駅からは、ゆいレールに沿って歩いていったら、手荷物置場&仮設トイレのある少年野球場に着くはずだ。Hブロックはその目の前なので、便利そうな位置。

 

HブロックからJブロックの方向を向いたところ(Iブロックはアルファベット読み間違いの混乱を避けるため、設定されてないと思われる)。左手が少年野球場で、仮設トイレと手荷物置場がある。看板も出ている。

これは少年野球場内。右手の白いテントが、無料手荷物置場。

こちらも同じく少年野球場内。手荷物置場の対面に、仮設トイレがある。

8:15の様子。並んではいるが、流れているようだ。しかし、あと15分で自分のスタート位置についていないと強制的に最後尾になってしまうので、ここは時間をみながら行くかどうか決めたい。

 

 

「H」ブロックは、どこだ?!

ブロックの位置は、なんとなくだけ把握しておけばいいと思っていた。

なんかこんな感じの看板がいっぱいあったし、矢印に沿って行けばOKやろ。(写真は前日夜に撮影)

また「前の人についていけばいい」みたいな悪い癖出た!

当日は、いろんなブロックの人がいてるんやで。ゼッケンにブロック名が書いてあっても、その人は荷物を置きに行く人かもしれないんやで。

 

8:13。看板があまりなく、案の定、どっち方向が最後尾かすら分からなくなる。(ほんまアホ)

なんか、既に並んでいる人の列で通せんぼになってるとことかあって、難しいねんて!

結局、スマホで位置を確認するとともに、FGHなどのゼッケンの人が多く向かう方へ、一緒に行くことにした。

必殺、周りの人頼み!

 

8:20前。ようやくHブロックにたどり着いた。たどり着いたといっても、並んでいる列のどこから入ってもいいというわけではない。

列に沿って黄色いテープで規制線が貼られているので、横からは入れない。Hブロック専用の入り口を見つけないと。

 

KEEP OUTテープのライン素材

 

ブロック専用の入り口では、ちゃんと係の人にHブロックであるゼッケンを見せないと、列に入れないようになっている。そのため、整列完了時刻の8:30を過ぎたら、容赦なく入り口は閉じられ、入れなくなるシステム。

8:30のおきては、厳しいで!破ったら、最後尾の刑が待ってるんやで!

ブロック専用の入り口から入ると、そのブロックの最後尾につくような位置になっている。ブロック周辺に来たが、もし自分のブロック専用の入り口がどっち方向か分からなくなった場合は、次のアルファベットのブロック方向にあるはずだ。

実際、初めてのNAHAマラソンだったこともあるが、奥武山公園は入り口が多いため、パッと列を見たときに、どっちがAでどっちがL方向なのか混乱した。とにかく、初めてやと分からんし、焦ることが多い。

書いてていま気づいたけど、並んでる人の向いている方向が、スタート方向のAやんね。(簡単なトリック)

8:20過ぎ。無事に、Hブロックのスタート位置につけた。これでひと安心。

でもここに来るまで、若干、焦ることが多かった。やっぱり、前日に下見をしとくくらいの慎重さが必要なのか?!

そういやこの段階で、仮装状態にはほぼ慣れていたよ。周りに仮装の人いればもっと心強いけど。

 

 

フルマラソンのスタート位置整列で思うこと

フルマラソンの成功って、割と朝に集約されている気がする。
参加者数万人が、ふつうに成し遂げているようなことだが、無事に当日のスタートをむかえられるって、実に、いろいろな苦労の結晶だと思う。
数万人それぞれの、練習の日々。
長距離走・マラソンのイラスト(女子陸上)
トラブルを乗り越えたり、体調管理に気を配ったり、仕事頑張ってなんとか有休を取ったりと、数万の数えきれないストーリーがあるはずだ。
それを思うとなんだか胸が熱くなる。
スタート位置に、時間内に無事整列できてるってだけで、すごいことや!褒められたい!
実際には、「ちゃんと起きれるかな」「お腹をこわさないだろうか」「ゆいレールには遅れずに乗れる?」「忘れ物はない?」「荷物は時間に余裕をもって預けられるだろうか」「最後のお手洗いに行っておきたい」「ケガは悪化しないかな」…
など、細かい心配事もいっぱい出てくるだろう。これらのほとんどが、だいたい朝にやってくる。
それらのほとんどを乗り越えて、無事にスタート位置につけたなら、それだけで完走は5割達成したと言ってもいいんじゃなかろうか。もう、自分のなかでは優勝レベル。みんな、エライ、エライ!パチパチパチ…(拍手)!
優勝カップを持つ人のイラスト(女の子)
あとは、号砲が鳴れば、ひたすら走るだけ。
練習中はひとりでも、今日は、ひとりじゃない。目的はみんな同じゴールやから。
ほな行ってくるで!
ほな 行ってくるで!大阪城 今日はおのれとの戦いや
絶対負けられへんのやって ほんまに
夢の御堂筋逆走 誰に頼んだかてこんなこと
今日しか許されへんのやって ほんまに
次は、いよいよスタートするよ!
>ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

ガイドブックに載っていない沖縄の魅力

沖縄を50回以上訪れた管理人が、旅の経験や失敗から得られたリアルな情報をお届けします。 費用(予算)や季節の服装、島の人との交流など写真いっぱい使って紹介!

CTR IMG